はなまる日記

二児の「お父さん」が綴る、子育て&夫婦円満ブログ

妊娠 家族 考え方

妊娠中期に起きたマイナートラブルに対して夫が取った行動

投稿日:

※長男の妊娠時のことを思い出して書いています。

妻は長男の妊娠時、5ヶ月に入ったころに体調が辛かった時期がありました。

妊娠初期のつわりについては多くの人が経験されるものと聞いていますが、

安定期といわれる妊娠中期、安定という名前が付いていても

さまざまなマイナートラブルが起こるものだそうで、

実際に妻にも辛いときがあったのを覚えています。

何があったかと、その時僕がしていたことを書いてみます。

スポンサーリンク

長男の妊娠時につらそうにしていたこと

 

 

妊娠5ヶ月の頃はまだ仕事をしていて、

僕が仕事を早く終えられることがあれば迎えに行っていたのですが、

ある日、仕事後に迎えに行くと、かなり辛そうな表情をしていました。

 

胃痛がなかなか引かなかったそうなんです。

 

仕事先では事情を伝えてあるので休み休み過ごしたそうですが、

その表情から、こんなにも辛くなることがあるんだと、、、

 

妊娠、出産とはもちろん喜ばしいことだけれど、

妻の身体の中ではさまざまな変化が起こっていて、

毎日それに対応するために必死でがんばっているんだということを改めて感じ、

もっともっと妻のことを考えて行動しないとと気づいたきっかけでした。

 

胃痛や不快感、吐き気、胸やけ、げっぷなどが起こる場合は、

子宮が大きくなることによって胃が圧迫されているからだそうです。

圧迫によって胃酸が逆流するというケースもあるそうです。

 

また、強い不安や緊張、ストレスを感じることにより、

胃がけいれんすることもあるようです。

 

妊娠中期にはつわりもおさまることが多く、

食事を楽しむことができるようになる人も多いかと思いますが、

お腹が大きくなるにつれてこのようなマイナートラブルもあるとのことでした。

 

夫が取った行動

胃痛が辛かったという今回の出来事から、

なるべく一緒にいるときはストレスや不安をためさせないように

そばで話をしたり、やさしくマッサージをしてリラックスさせるようにしました。

 

また、消化の良いものも胃腸に負担がかからないので良いようです。

野菜たっぷりの食事をとったりして工夫していましたよ。

 

あとはできる限り連絡をこまめにとったり、

妻の話をたくさん聞いたり、

気持ちの面で大きな支えになりたいと強く思って行動していたと思います。

 

一度つらかった胃痛を乗り越えてからは、

ある程度過ごしやすくなったようなので、

やっぱりそばにいる男性がどれだけ支えるかは本当に重要だと思います。

 

妊娠中期に考えられる他のマイナートラブル

他にも妊娠中期にはさまざまなトラブルが考えられます。

 

妻や友人にいろいろ話を聞く中であったトラブルは、

 

 

足のむくみ

これも、子宮が大きくなったことによって血管やリンパ管が圧迫され、

足に負担がかかってしまうことが原因のようです。

 

身体をあたためたり、足を高くして寝るようにするとリンパの流れが良くなりますよ。

 

こむらがえり

就寝中ふくらはぎがつったような痛みを感じることで起きてしまうことです。

上記の足のむくみが起こることで、血行不良となることや、

カルシウム不足や運動不足が原因のようです。

 

ふくらはぎを伸ばすようにしてなるべくリラックスし、落ち着かせるようにすると

痛みが和らぎますよ。

 

妊娠期間は妻を支え、ふたりで前向きに過ごそう

 

 

妊娠期間中、妻の変化にいろいろ気付き、

支えていくのは夫の役目だと思います。

 

できる限りいろいろな不安を取り除けるよう、安心して前向きに、

少しでもこの期間から大切な子どもが生まれてくることを楽しめるように、

「つらい思いをさせてごめんね」とか

「いつもがんばってくれて本当にありがとう」とか

たくさん支えてあげることが大事だと思っています。

 

よろしければ下のバナーをポチッと押して、
応援をお願いします!
そしてシェアやコメント、大歓迎です!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

-妊娠, , 家族, 考え方

Copyright© はなまる日記 , 2019 All Rights Reserved.