はなまる日記

二児の「お父さん」が綴る、子育て&夫婦円満ブログ

おすすめ 育児

外遊びで異物・とげが手足に入ったとき、家にあるもので簡単に抜く方法

更新日:

子どもが外で活発に遊ぶのはとっても良いことだと思いますが、

遊んでいてとげが刺さり、なかなか抜けなくて困ったってことありませんか?

本当小さいものだからそのうち出てくるだろう、

と考えるくらいのことでも、痛い…という子どもの声があるとやっぱり心配ですよね。

とげぬきのことでいろいろ調べたものを書いていきます。

スポンサーリンク

大前提・とても痛そうにしているなら病院へ

 

 

自宅で出来る方法を考える前に、

もし子どもがその部分がとても痛いと言っていたり、既に化膿している場合は

有無を言わせず病院で診てもらいましょう。

この場合は皮膚科や外科で診てもらうことをおすすめします。

 

刺さったとげはそのうち血管に入って心臓に刺さる

なんて噂がありますが、これは医学的には全く根拠のない話です。

ただし、とげから細菌感染する場合もありますし、

手間でなく、自分ではどうしようもできない場合は

病院で診てもらい、的確に抜いてもらいましょう。

 

一番簡単にできそうな方法・穴の開いた硬貨を使う

 

 

調べた中で一番簡単な方法は、5円玉や50円玉という「穴の開いた硬貨」を使う方法です。

5円の方が穴が少し大きいのでおすすめです。

 

まず、石鹸で両手を綺麗に洗い、

穴の開いている部分にとげの刺さっている場所が来るように押し当てます。

皮膚が盛り上がるくらい押すと、とげの先端が出てくるはずです。

そのとげを、毛抜きで慎重に抜いてください。

抜いた後は刺さっていた部分のまわりを抑えて血をしぼり出します。

その後化膿しないように消毒しておきましょう。

 

もしすぐに抜けないようなとげなら、次の方法だと効果が期待できるようです。

スポンサーリンク

なかなか抜けないときに効果が期待できる方法①はちみつ

 

 

とげの刺さった場所にはちみつを塗って数時間放置します。

するととげが浮き上がってくることがあるようです。

 

これは、はちみつに皮膚組織の再生を促進する作用があるため、

とげで傷ついた皮膚組織が治ろうとするのを手助けし、とげを押し出してくれるためだそうです。

あとは抗菌作用もあるので、消毒代わりにもなりますよ。

 

なかなか抜けないときに効果が期待できる方法②梅干

塩分の高い梅干を塗ることも効果が期待できます。

皮膚の水分が梅干の高い塩分による浸透圧で吸い出されるという原理です。

水分が吸い出されることにより皮膚の水分が減って、

とげをギュッと埋め込んでいた力が弱まるため、とげが取りやすくなるのだそうです。

 

なかなか抜けないときに効果が期待できる方法③ニラやネギ

ニラやネギも効果が期待できます。

これはニラやネギをそのまま使うのではなく、よくもんで出てきた汁を使います。

この汁をとげの刺さった部分に塗り、ラップを巻いて放置しておきます。

すると次第にとげが浮かび上がってくるのだそうです。

 

これはニラやネギに含まれる香りの成分に殺菌効果や鎮静作用があり、

はちみつ同様に皮膚の再生を促してくれるためだそうです。

 

なかなか抜けないときに効果が期待できる方法④バナナの皮

バナナの皮にも効果が期待できます。

バナナにある酵素の力が皮膚に浸透してとげを抜けやすくしてくれるのだそうです。

これも、ニラやネギ同様にとげの刺さった部分に当ててラップなどで固定してください。

 

無理に自分で抜こうとするのは控えよう

 

 

全部で5つの方法を紹介しましたが、効果が期待できる、ものであって、

確実ではないので、心配な場合は自分で判断せずに病院を受診するのがおすすめです。

 

病院で処置してもらうと、傷口のケアやプロの意見ももらえるので安心ですよね。

 

でも紹介した5つの方法で、万が一病院が近くにないとか、手早く処置をしたいといった場合に、

応急処置ができる知識があるだけでも良いかなと思います。

慌てず対処できるようにしておけたら良いですね。

 

よろしければ下のバナーをポチッと押して、
応援をお願いします!
そしてシェアやコメント、大歓迎です!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ にほんブログ村 家族ブログへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

-おすすめ, 育児

Copyright© はなまる日記 , 2019 All Rights Reserved.